肌黒ずみ 乾燥

皮脂が過剰に出るからと、早急な判断でお手入れすると後悔が大きいよ

 

過剰皮脂分泌で、Tゾーンがテカリ始めると、ベタベタした皮脂を取りたいばかりに、脱脂力の強い洗顔石鹸を使ってしまいます。
さらに、収斂化粧水でさっぱりと仕上げて、さっぱりタイプの乳液で終わりにしたいところです。

 

インナードライのスキンケアの方法

過剰皮脂分泌はインナードライか、オイリスキンかで対応が異なる
でも、もしインナードライ肌の場合なら、肌内部が乾燥していますので、脱脂力の強い洗顔料は、逆効果です。

 

収れん化粧水は、皮脂を分解するアルコールが含まれていて、肌の引き締め効果はありますが、保湿成分は配合されていません。

 

また、充分に潤っていない状態で、収斂化粧水を使用してしまうと、乾燥している肌内部に水分を届けることができなくなあります。収斂化粧水は、毛穴を引き締める働きで、化粧水の水分や成分の浸透を妨げてしまうからです。

 

インナードライ肌で、毛穴の緩みが気になる場合は、まずは保湿を行ってからが順序です。

 

また、さっぱりタイプの乳液でお手入れを終わらせるのも、インナードライには適切ではありません。
肌表面の角質層が薄いので、肌内部の水分は蒸発してしまいます。しっかりと、蓋ができる油性のクリームが望ましいのです。

 

インナードライのお手入れの基本は、しっかり保湿、その後は蓋をして肌再生を助けるというものです。
肌質によってお手入れを間違えると、肌トラブルで悩まされることになります。

 

インナードライであるかどうかの診断方法

インナードライの自己判定方法は色々ありますが、『これ!』といった決定打はありません。
一番良いのは、デパートのコスメカウンターへ行って、肌の水分量と油分量を測定してもらうことです。

・ 水分が少なく油分が多かったら、インナードライ肌

・ 水分・油分共に多い場合は、オイリー肌

 

毛穴が開いていたり、黒ずんだりするのが、インナードライと言う方もおりますが、オイリー肌も同様の症状になります。

 

部分的にカサツキが酷いのに、Tゾーンのテカリが酷い、ニキビがあるのに皮膚はカサカサで粉を拭いている、洗顔後に直ぐにローションをつけないとつっぱるといったことが、インナードライの特徴です。

 

インナードライ肌に人気のあるスキンケアは

オルビスのアクアフォースは、肌水分を溜め込み、外部に蒸発させずに、潤いを保ち続けるためのサポート成分を配合しています。
各成分の本質を詳細に知りつくすことは無理ですが、多くのインナードライの悩んでいる方たちが、保湿化粧品として選んでいることは事実です。

 

インナードライで、過剰皮脂分泌に悩んでいるなら、悩みに特化して作られたアクアフォースで解決されるのが近道ですよ。
 アクアフォースレギュラーライン

 

過剰皮脂分泌はインナードライか、オイリスキンかで対応が異なる関連ページ

化粧水選びのポイント
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
顔べたつき、テカリ対策
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
顔のテカリ防止の一番の対策は、肌水分をキープすること
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
Tゾーンや鼻の周りがテカリは、スキンケアで解決を
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。