肌固い

肌が固い事に気がつけば、年齢肌も早期に対応できるよ

特に冬になると、顔がどんよりと黒ずみ、肌が固くなります。
日差しが強いわけでもないのに、黒っぽく見えたら、角質肥満の始まりです。
硬くひび割れた肌

 

肌が固くなり肌再生の遅れて、ドンドン黒ずむ

角質肥満は、肌にサボり癖がついたからです。
年をとると、動きも知らず知らずのうちに鈍くなり、若い頃の機敏さが無くなってきます。
意識している動きでさえこうなんですから、体の中の働きも当然、徐々にゆっくりになっているのです。

 

肌の奥の真皮層から作られた肌は、順々に押し上げられて行きます。
毎日、垢となって剥がれ落ちている角質細胞は、新しい肌と入れ変わっている証拠です。
でも、肌再生がゆっくりになってくると、剥がれ落ちるはずの角質細胞がそのまま留まってしまうことがあります。

 

古い角質細胞が蓄積されて、角質肥満が起きるのです。
分厚くなった皮膚は、固く、濁っています。ザラザラしていて弾力がなく、肌力も低下させるのです。

 

多くの女性はメイクをしていますので、とりきれなかったメイクの汚れや、空気中の埃も巻き込んで角質は蓄積されていきます。

 

自宅でケアするなら、取り去るケアより与えるケアで

こうした不要な角質を取り除くために、フルーツ酸などで科学的に皮膚を溶かす方法があります。最近では角質ケア専門のローションがあり、拭き取るタイプのものも増えてきました。

 

ただ、与える化粧品と違って、除去する化粧品を使用する時は、自分の肌質に合わせる必要があります。
クリニックでフルーツ酸等を使用したソフト・ピーリング処方が効果を上げているのは、専門医の元で行っているためにです。

 

自宅で同等の効果を出すには、充分に注意して行う必要があります。毎日はやらないとか、週に1回とか決めて、行った方が良いですね。

 

肌が固くなるのは、乾燥も原因よ

肌のサボり癖の原因は、年齢的なこともありますが、外気の乾燥も影響しています。
冬になると、足のかかとがガザガザになり、ヒビが割れることからもわかる通り、水分が失われた時も、肌再生がうなくいかなくなるのです。

 

固い肌をピーリングで削り取るより、水分で肌を緩めながら柔らかくしていく方が、負担は少なくなります。

 

顔を覆っている皮膚に水分を与えキメを整え、さらに奥に浸透させてハリを与え、弾力を持たせることができれば、肌は元気になります。
水分で潤った肌だから、透明感が違うし、紫外線や乾燥から守ることができるのです。

 

水分を与え続けるケアには、ピーリングのようなリスクはありません。

 

年齢肌の肌水分を上げることのこだわったスキンケアなら

年齢肌が気になる方の、保湿にこだわったケアと、肌力アップさせるスキンケアが望ましくなります。
自ら持つ酵素を活性化させてる、新発想のオルビスユーで、年齢により肌痩せを忘れてみませんか?

 

 オルビスU

 

オルビスユー

 

 

肌が固いのは角質肥満で、肌に疲れがでたから関連ページ

潤いがない肌を放置しておくと、ますます進行します。
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
年齢で肌が固くなったら、繊維芽細胞を活性化するケアを
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。