肌黒ずみ 乾燥

同じインナードライでも、角質層が未熟と肥満では大きく違う


水分の少ない肌は、肌くすみにつながります。
インナードライの方の保湿力が低下する理由は、肌タイプの違いによって2つに分けられます。
1.間違ったスキンケアで痛めたために、角質層が未熟になり、水分を溜めておくことができない。
  元々の肌質がインナードライ肌。
  肌のターンオーバーサイクルが短い人。
2.加齢や体調不良で肌が乾燥し、剥がれ落ちない皮膚が蓄積され、角質肥満を起こしている。
  肌のターンオーバーサイクルが長い人

どちらも、充分な水分補給を行うケアが1番大切です。
インナードライ くすみ対策は、肌年齢により異なる


角質層が未熟な場合
角質層が未熟なのは、もともとの体質もありますが、誤ったスキンケアも影響しています。
(詳細は、角質水分量不足の理由としてこちらに記載しました。)

角質層が未熟だと、外部の刺激から守るために、肌の防衛本能で皮脂が過剰に分泌されます。
過剰に分泌された皮脂は、行き場を失い顔の毛穴に入り込んでいきます。

入り込んだ皮脂により、毛穴が開いて、紫外線などの影響で黒ずんでしまうのです。

未熟な角質層は、肌内部は水分が少なくカサカサなために、毛穴に入り込んだ皮脂等の汚れを押しだす力もありません。
毛穴が詰まり、角栓やニキビに繋がるおそれもあります。

外部の刺激から守るためには、角質に隙間なく水分で埋め尽くすことです。
水分を溜めこむ入れ物、肌成分に近い水、外気からも保水ができるような肌環境に整えます。

水分で満たされた肌は、外気の刺激に妨害されることなく、じっくりと肌を育てていくことができます。
潤った肌は、ゆっくりと改善していきます。
角質層が未熟であるために、過剰に分泌されていた皮脂もやがて収まり、肌を育てていくことができます。


角質肥満の場合
年を取ると共に、肌再生の周期は遅れがちになります。
正常な周期で作られた肌は、不要になった角質を垢として排出させることができますが、遅れがちになると、本来剥がれ落ちるはずの角質も排出されなくなります。

年齢的なことで、やむをえないのですが、実は肌保水力を高めることで、不要な角質を剥がして排出しやすることができるのです。
分厚くなった角質層が、水分を浸透させることで、柔らかくなります。

肌が育つための栄養も与え、角質深部へ浸透させることで、肌環境を整えていきます。


オルビスのインナードライ用の保湿化粧品
オルビスのインナードライ用の保湿対策は、20代から30代向けのスキンケアと、40代以降の年齢肌が気になる方のスキンケアに分かれています。
これは、角質が未熟な肌と、角質肥満の肌に置きかえることができます。

角質が未熟な、20代から30代用は、レギュラーライン
角質肥満が気になる、40代以降は、肌の能力を引き出す新発売のシリーズオルビスユーが出たしから話題をさらっています。
実は、長い間人気だった、エキストララインは、集中保湿ジェルだけを残し終了しました。(残念ですね。)

いずれも、上記のリンク先に体験情報の記事をのせておきました。


インナードライ くすみ対策は、肌年齢により異なる関連ページ

角質層水分量不足の理由
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
しっとりとさっぱり化粧水
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
インナードライ洗顔方法
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
毛穴の悩み
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
インナードライのニキビ対策
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
インナードライのニキビは、アクネ菌の過剰殺菌は駄目よ
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
インナードライ肌のニキビに合うスキンケア
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。