肌黒ずみ 乾燥

基準は乾燥肌に合わせる

 

額や鼻の上などのTゾーンでは皮脂が出やすく、頬や口の周りは乾燥してしまう、皮脂の出方が均一でない状態の事をインナードライ、混合肌、隠れ乾燥肌などといっています。

 

しっとりとさっぱりには、明確な基準はない

葉から落ちる滴

化粧水のしっとり、さっぱりにこだわるのは、一般にしっとりは乾燥肌の方、さっぱりは脂性肌の方といった考え方が定着しているために、乾燥と脂性との両方の性質を持っているインナードライの方が、『じゃ、私はどっちを使えばいいの』といった事になるのでしょう。

 

化粧品のさっぱりとしっとりに関しては、各メーカーの考え方によるもので、明確な定義があるわけではありませんが、おおよそ、さっぱりとしっとりの違いは保湿成分の種類や量が違うとか、使用感が違うといったことで、それほど大差はないということです。

 

例えば、「さっぱり」はアルコールで清涼感を出したり、油分控えめになっています。
「しっとり」はヒアルロン酸やグリセリンなどのしっとり成分が入っています。

 

さっぱりタイプで収れん効果が高いものは、毛穴を閉じさせて、水分が充分に入りきらない場合があります。

 

逆に、しっとりタイプのものから使いはじめると、肌内部の隅々まで水分がいきわたらないうちに、潤った気分になり、充分な保水ができていない場合があります。
また、肌に膜を作り、その後さっぱりタイプの化粧水を使おうとしても、浸透しずらくなることもあります。

 

一概に言えませんが、水分補給を重視したいインナードライ肌の方は、さっぱりタイプに収れん作用が入っていないことを確かめます。
その後、さらりとしたテスクチャ―の「さっぱりタイプの化粧水」で、思いっきり肌に水分を浸透させた後、乾燥の気になる部分を「しっとりタイプの化粧水」で補うというのがいいようです。

 

化粧水は、乾燥した部分の肌に合うか合わないかで、化粧水を選ぶと失敗しません。

 

実は保湿のしすぎも、インナードライ肌には痛い!

乾燥していないところを過剰な保湿を行うと、毛穴が詰まったり、ニキビの原因になったりします。
特に、皮脂分泌が激しいTゾーンに、油分の多い化粧水を使用すると、皮脂の出口を塞いでしまいます。

 

オイルフリーの化粧水が軽くて、つけ心地が良いのは、肌に負担がかかっていないためなのです。

 

化粧水で水分を補給した後は、しっかりと蓋をするために乳液や、クリームをつけることを忘れないでください。

 

楽ちんなつけ心地なのに、どっしりと肌に水分を入れ込むことができるアクアフォース・レギュラーラインが、人気です。
 アクアフォースレギュラーライン

 

インナードライは、しっとり化粧水?さっぱり化粧水?どっち?関連ページ

肌タイプ別くすみ対策
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
角質層水分量不足の理由
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
インナードライ洗顔方法
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
毛穴の悩み
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
インナードライのニキビ対策
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
インナードライのニキビは、アクネ菌の過剰殺菌は駄目よ
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
インナードライ肌のニキビに合うスキンケア
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。