顔 テカリ防止

保湿ケアを心がければ、化粧崩れ知らずになれる

脂性肌の方は、赤ちゃん肌やヌード肌のようなサラサラ感といきませんが、ゴージャス肌やパワフル肌の艶感を楽しむことができます。

 

ファンデのノリもよく、伸びが悪くてまだらになったり色むらになってしまう、乾燥肌に比較すると、羨ましい限りです。

 

 

その過剰皮脂は、もしかしたらお手入れのせいかも

青空に紙飛行機が飛んでいる

でも、皮脂が必要以上に過剰に分泌すると、ベタベタしてイケません。
ファンデが皮脂を吸着して、バランスを保てなくなり、テカリ始めます。
ギラギラとし始めたかなと思ったら、化粧がよれて、流れてしまうのです。
あとは、乾燥肌の方と同様、まだらで色むらになるのですよね。

 

脂性肌の人に限って、特に汗ばむ夏になると、最悪という方は多いはずです。
でも、これは肌質だけによるものではなく。お手入れ次第で軽減できることが分かっています。

 

 

肌水分が奪われる理由1 あぶらとり紙

常に、あぶらとり紙をポーチに忍ばせて、トイレ休憩の毎に、パタパタと顔にあてている方は多いですね。

 

でも、御存知でしたでしょうか?
過剰に皮脂を取り過ぎると、肌をガードしきれずに乾燥を引き起こします。肌の防衛本能により、ますます皮脂が過剰に分泌するのです。
特に、汗で皮膚がゆるんだ夏の場合は、あぶらとり紙の刺激でさえも肌バリアを痛めます。
アブラとり紙を使い続けると出来る紙のあのシワが、意外に肌に刺激だったりするのです。

 

肌バリアが傷んだら、肌水分は暑い外気に奪われるばかりです。
乾燥から守ろうと、肌は頑張ってますます皮脂を分泌させるのです。

 

 

肌水分が奪われる理由2 冷気を肌にあてる

テーブルの上の水

冷房で冷え過ぎた体を、温める為にいそいそとランチは外食にしていませんか?
外気と室内温度との差は、肌には堪えます。
汗ばむ肌のまま、冷房の利いた部屋で急に冷やすことにより、肌荒れの原因になります。

 

やわらかいガーゼなどのハンカチで、室内に入る前に汗は必ず拭いてください。

 

 

肌水分が奪われる理由3 紫外線

強い紫外線は、肌を乾燥させるのです。
紫外線で肌が赤くなったり、黒くなったりするのは、軽い火傷を負っている為です。

 

火傷が軽傷になるように、常に保湿力のある肌にしておきましょう。
UV対策用のクリームも忘れずにね。

 

 

肌水分を奪われないようにするケアとは

砂漠

肌内部が乾燥し始めると、肌は外部刺激から守ろうとして、皮脂を過剰に分泌させてしまいます。
日頃の意識していないケアを、下記のように変えるだけで、改善するかもしれません。
(上記までのまとめ)

 

  1. あぶらとり紙は、頻繁に使用しない。
  2. 汗をかいたら、柔らかいカーゼハンカチなどで、その都度、押さえるように拭く。
  3. UVケアを施し、保湿効果の高い下地やファンデを使用して、紫外線の乾燥から守る。
  4. 崩れたメイクを何とかしようと、ゴシゴシしない。
  5. 洗顔時の摩擦や、洗顔料は良質なものを選ぶ。

 

 

失った肌水分は直ぐには戻らない

多くの女性が知っているかと思いますが、保湿力を無くして乾燥し始めたら、なかなか元の潤った肌に戻すことは難しいものです。
保湿化粧品の種類が、どれだけ多いかで、そのことは想像できますよね。

 

しかも、肌質によって浸透するしないがありますし、合う合わないもあります。

 

肌水分を失わせる原因が多い夏は、ゆっくりと構えていたら、ますます乾燥は進むばかりです。
ノンオイルのスキンケアは、脂性の方でも気分よく保湿ケアが可能です。
特にオルビスのは、たっぷり水分を溜めこむ保水力にかけては、高い技術を持っています。

 

4月に新発売したもので、従来のふっくらと水分を溜めこむ機能を持ちながら、エイジングケアのパワーを盛り込んだものがあります。
べたつき肌を解消させて、さらに、一歩進んだ肌老化対策も同時にしてみませんか?
私も使ってみましたので、こちらにレビューを書いてみました。

 

 

 

顔のテカリ防止の一番の対策は、肌水分をキープすること関連ページ

過剰皮脂分泌の対応
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
化粧水選びのポイント
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
顔べたつき、テカリ対策
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。
Tゾーンや鼻の周りがテカリは、スキンケアで解決を
黒ずんだ肌やキメが荒くなるのは年齢のせいだわと考えていましたが、水分不足の肌をサポートする化粧品で、透明感のある肌に導けます。実は、肌の水分を溜めておく肌の貯水庫を頑丈にすればいいだけなのです。